小鉄の徒然記。(blog編)

ヘタレによるヘタレ記です。 内容はアイドルマスターと眼鏡とDDRと2chをメインに色々と。

[IM]1周年ライブ。

そんなわけで、舞台前の喧騒から少し離れた所に陣取り会場を待つ。
サイリウムは光らせた。荷物は近くの人達のと一緒に固めた。

暗くなる会場。一気に歓声が上がる。色とりどりのサイリウム。
小鳥さんの声と共にステージ上の画面には夏服仕様の小鳥さん。
おなじみ前説タイム。相変わらずドジっ子属性らしい。

01.THE IDOLM@STER(全員)
ゲームサイズながら、しょっぱなからアクセル全開。
そりゃあ、律子から『最後までもたなくならない?』なんて心配されるわ。

一通り自己紹介が行われ、歌の準備に入るメンバー。
ステージ上には今回のライブが初登場の伊織と、
アイマス界隈では神の領域と言われているシンクロ率を誇る律子。
#釘宮さんってこういう仕事が苦手なんだろうなぁ…。等と思いつつ。
ようやく9/9でのライブに感慨深くなる律子から伊織にコメントを貰ったり
軽いトークで場を温める。そして、ライブ前半戦スタート。

02.太陽のジェラシー(春香・亜美・やよい)
赤羽ライブの時はポジティブ!で組んだ3人(春香は伊織の代役)。
03.FirstStage(雪歩・千早)
真っ先に[藤枝雅さん]の[ペーパーのネタ]が浮かんだ件について。
04.pm9:02(あずさ・真)
赤羽の再来か!?と期待するもオチが無くがっかりしたPの数→(1)

亜美と雪歩が登場しMC。そして表舞台には初登場の小鳥さん紹介。
3人でトークを進めつつ次のコーナーの紹介。
小芝居を交えつつ歌も…の展開らしく、そのキーパーソンが小鳥さんだとか。

765プロで小鳥さんが偶然見つけた極秘資料(ハリウッド進出計画)を
偶然その場に居合わせた千早と読みつつ…。
最初の案は、律子とやよいの海洋冒険活劇…ってバイキング違いでしょ!
物語が佳境に入りシリアスなシーン!…ってまだ引きずるの!
05.おはおう!朝ごはん(律子・やよい)
playersコンビ。組んだ人は多いはず。振り付けも完璧。流石!

呆れ顔でその場を去った千早の代わりに雪歩が話を聞くことに。
春香と伊織とあずさのシンデレラ…ってツンデレラ!?
『春香は没個性』とか『ちょっと腹黒い春香』とか神ネタ連発。
ここで『魔法をかけて!』か?と思うも律子不在だからなぁ…
と、思ってたら…やや強引な展開ながらも
06.Here we go!! (伊織・あずさ・春香)

この案も没になり次の案。真と亜美が登場。この時点で場内騒然。
そりゃあ、小鳥さんも雪歩も二人して『展開バレバレ』とか口にするわw
でも、何か様子がおかしいぞ…って『リーゼント夜を往く』!?
07.エージェント夜を往く(真・亜美)
ついにやりやがった!と言うべき展開。盛り上がらない要素は無い。
しかも二人して『とかちちゅくちて』とか、マジわかってる。

流石に雪歩にも呆れられ、ついに自ら脚本に手をかける小鳥さん。
…なんか、異様に一昔前の少女漫画チックなんですけど…。
アブナイ妄想を繰り広げる小鳥さんに全員のツッコミが入った所で終劇。

メンバー全員ステージに上がり、それぞれの感想を交えつつトーク。
次の歌に行こうとするも、千早とあずさに止められる。
この二人と言えば…と言う事でラジオ大阪のアイマスラジオの公録に。
今回は一言ネタのコーナーを。お題は『こんなイベントどうですか』。
個人的に吹いたのは律子の読んだネタ『参加資格:Pランクアイマス』。
直後に本人が『私、参加できないじゃん!』と返すあたりも含め。

公録の後、突然居なくなった春香を除く8人で春香の行方について
話していると…突然社長の声が。もちろん画面には社長のシルエット。
突然の展開に場内からは割れんばかりの社長コール。
どうせ、録音だろうな…と、思っていたらナント生喋り!?
旬の話題Xbox360版に触れる際セリフを噛んでしまうも…
『セリフを噛んだ。私は徳丸完だ。』と切り返し更に盛り上がる。
そんな社長の前フリで…
08.GO MY WAY!!(春香)
Xbox360版用の新曲。画面には開発途中のプレイ画面が。
ファミ通の記事で見た画像よりも更に可愛くなってるんですけど…。
#律子の画像にらく○あさんの愛を感じた。
皆歌取りは終わってるのか、一緒に口ずさんでる人も居たり。律子とか。

『少し早いクリスマスプレゼント』と言う社長の一言が気になったり。

ライブも終盤。
09.ポジティブ!(やよい・亜美・雪歩)
今回は沈没艦隊でポジティブ!。この曲は盛り上がるよね。
10.青い鳥(千早)
前奏と共に画面に映るは千早ソロ。その瞬間からキたね。

一人ずつステージに登場し言葉を紡いでいく『プロデューサーへの言葉』
赤羽の時も思ったけど、やっぱりズルイよ。マジ泣かせに来てる。
そしてそのまま…
11.魔法をかけて!(伊織・律子・千早)
この組み合わせもアイマスをやった人間なら一度は経験したでしょう。
もうね、アホみたいに飛んで叫んで…キチ○イか俺はw

再度全員集合して挨拶をするも…これで終わらせるわけにはアカンよな。
って事で、アンコールの掛け声。
10分ぐらい?なんか異様に長く感じたけど、とにかく叫び続けた。
そしてアンコール。
12.THE IDOLM@STER-M@STER Ver.-(全員)

改めて挨拶が終わり、社長コールが響く中、小鳥さんの業務連絡。
自然と湧いた三本締め。そして『アイマス最高!』のコール。
2時間程度の内容とは思えない充実した時間でした。

開場前にTAHOさんと、ちょっと話す機会があったのですが…。
『今回のライブ、どんな感じですか?』
「期待して良いよ!凄いから。ホント期待して良いよ!」

期待していた以上のライブでした。
赤羽での小ネタもそうだったけど、今回も構成を考えたスタッフは
ユーザーが何を求めていて、どうすれば盛り上がれるか。
…と言うのがわかっていたんでしょうね。
だからこそ、笑えたし泣けたし楽しめたのではないかと。

バンダイとの合併で色々ゲームそのもののバージョンアップや、
グッズに関する企画、その他諸々が後手後手になって、
ユーザーの不満が溜まりに溜まっていた時期だったと思うんですが、
それはスタッフ側もあったんじゃないかなぁ…なんてふと思ったり。
あそこまではっちゃけた構成はわかってる人間じゃないと難しいよ。

ここまでのものを見せられると、次も…って事になるんだけど、
どうなんでしょうかねぇ。キャスト側の日程調整もそうですけど、
何より歌が固定されてしまってるから変わり映えが薄いんですよね。
それこそ、Xbox360版が発売されてその新曲メインで…ぐらいかな?
もしくは、それこそサクラ大戦みたいに歌謡ショウ形式にするか。

今回のイベントでそれまで収まっていたアイマス熱も久しぶりに上がり、
ボチボチ進めてます。良い燃料を貰ったなぁ…。
スタッフのみなさん、キャストのみなさん、あの場に居た全ての方。
本当にアイドルマスター(ありがとうございました)。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/27(木) 17:03:43|
  2. アイドルマスター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[IM]GT祭(週末記その1)。 | ホーム | [IM]1周年ライブの前後。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://encho.blog22.fc2.com/tb.php/387-0242b2f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

河上小鉄

Author:河上小鉄
職業:園長 派遣社員

これまでもダラダラ
これからもダラダラ

ゲーセン通いの日々

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する